ひと箱店主紹介:HONDANA ORANDA (ほんだな おらんだ)

名前
野坂悦子
なにかひとこと
オランダには「王の日」(4月27日)という祭日があって、この日はだれでも自由に道でお店を出せます。古本を売るご家族もあれば、バイオリンを弾く男の子、紙コップ入りのジュースとクッキーを売る女の子もいます。そして、通りすがりのだれとでも気さくに話ができるんです。BOOKSHOP TRAVELLERにもそんな雰囲気があって、一員にしていただけたことをうれしく思っています!
推し本
『本の力 私の絵本制作秘話』(酒井京子、童心社、2021年):古田足日さん&田畑精一さんによる『おしいれのぼうけん』や、いわむらかずおさんの「14ひきのシリーズ」などがどのように誕生したか、その編集者だった酒井さんが臨場感あふれる話を語っています。優れた絵本は優れた作家・画家・編集者がそろってこそと実感しました。谷口広樹さんの装丁も抜群にすてきです。
活動内容
オランダ語、英語、フランス語の子どもの本を中心に翻訳の仕事をしています。また絵本や紙芝居の創作も手がけています。日本の文化である紙芝居を、世界に紹介する活動も長く続けています。 URL:http://kamishibai-ikaja.com/ Facebook(店):https://www.facebook.com/hondana.oranda Facebook(個人):https://www.facebook.com/etsuko.nozaka.9
画像
08d763a0-61e7-4a7e-acaf-4e8ddfe9f146_ZHrh.jpeg
プロパティ